残業代請求は金額次第で弁護士に頼むメリットがある

残業代がしっかりと支給されていない場合には、過去に遡って残業代請求を行うことができます。

実際に残業代請求を考えている人は、まずは弁護士などの法律の専門家に相談をすると請求方法等についてアドバイスを受けることができます。一人で企業を相手に残業代請求をするにはかなりの知識とエネルギーが必要となるので、弁護士からのサポートがあったほうが、より確実に残業代を取り戻すことができることでしょう。

未払いとなっている状態の残業代請求債権は2年間で消滅時効にかなってしまうことになりますが、2年までであれば遡って残業代請求をすることができます。かなり長時間の時間外労働をしており、その分の賃金が未払いとなっているのであれば、請求して百万円以上の金額を支払ってもらうことができるケースもあります。

弁護士に業務を依頼した時には報酬の支払いが必要となりますが、請求金額がかなり大きいのであれば、依頼するメリットもかなり大きいでしょう。残業代を支払ってもらうように交渉するためにはしっかりと未払いの残業を行っていた証拠を提示することが必要となります。

退職後にそういった証拠を集めるのはかなり困難なことが多いので、できれば在職中に証拠となるタイムカードなどのコピーを取得しておくことが大切です。タイムカードがないような場合には、パソコンのログインの記録や電子メールでやり取りした記録などがあれば、働いていた証拠とすることができるものもあるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です