残業代請求は弁護士のサポートがあるとやりやすい

労働の対価として支払われるべき賃金である残業代がきちんと支払われていないときには、残業代請求をすることで、しっかりと支払いを受けることができることがあります。

残業代請求を行う場合には、請求する側がしっかりと事実を立証しなければならないので、しっかりと証拠を集めることが必要です。実際に個人が企業を相手に残業代請求をする場合には、証拠の集め方や請求の交渉などについて弁護士にアドバイスをもらいながら進めていくとよいでしょう。

弁護士の中には労働問題に詳しい専門家もいるので、どのような証拠を集めればよいかなどを具体的に教えてもらうことができるでしょう。企業担当者と交渉をしなければならないケースでも、弁護士のサポートを受けることができれば、相手も交渉に応じてくれやすくなるでしょう。

労働審判や裁判などを行うことになってしまった時でも弁護士がいることで手続きをお願いすることができます。法律事務所の中には気軽に相談に応じてくれるところもあるので、まずは話をしてみるとよいでしょう。残業を行っていた事実を証明する書類を集めることが必要ですが、退職した後に集めるのは難しいので、退職をする前から弁護士に相談しておくとよいでしょう。

タイムカードのコピーや日時が記入されている就業日誌、パソコンのログインの記録など、証拠として役立つものは少しでもたくさん集めておくと交渉の際に有利になります。就業規則なども残業債請求の際の根拠資料となるので、退職前に控えをとっておくとよいでしょう。

残業代請求を弁護士に相談するならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です