弁護士に残業代請求を遡って頼める

過去に行った残業代が適正に支払われていない場合、弁護士を通じて残業代請求をすると過去に遡って支払いを受けることができます。

現在勤務している会社に対して残業代請求をするのは大変ですが、退職した後であれば比較的請求しやすいでしょう。未払いとなっている残業代は、短期消滅時効にかかるので2年間で時効を迎えてしまいます。退職後に請求を検討している人はや羽目に対応をする必要があるでしょう。

未払いだった残業代請求を弁護士に頼む場合、過去2年間の分は請求が可能となるので、サービス残業時間数がかなり多いケースであれば、数百万円の請求が可能な場合もあります。働いた分として報酬を受け取ることは正当な権利なので、泣き寝入りせずにきちんと請求したほうが良いでしょう。

弁護士に残業代請求をした場合、依頼先によって報酬金額は異なりますが、かなり多額の請求となる場合であれば報酬を支払っても余りある金額を支払ってもらえるでしょう。そういった労使問題に詳しい法律事務所も多いので一度相談してみるとよいアドバイスをもらうことができます。

初回の相談には気軽に応じてくれる事務所もあり、無料で応じてくれるところもみつかります。残業代請求を本格的に頼むことになる場合、実務として残業代の請求を行ったことがある事務所に依頼したほうが手続きがスムーズです。

弁護士に頼むメリットとしては、裁判などになった時でもサポートを受けることができるという点があるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です