残業代請求を弁護士等の専門家に相談するとよい

労働の対価として支払われることになる賃金の一つである残業代を未払いとしている企業があります。

残業代は正当な対価なので支払われていない場合には残業代請求を行ったほうが良いでしょう。残業代請求に関しては弁護士や司法書士などの法律の専門家が相談に乗ってくれるので、サービス残業がかなりの時間になっているという人は相談してみるとよいでしょう。

弁護士などの中には労働問題に詳しい事務所もあるので、慣れている専門家のほうがより詳しいアドバイスをしてくれることが期待できます。サービス残業に対して残業代請求をする場合にはしっかりと時間外労働を行っていた証拠を集めることが必要です。

できれば事前に証拠集めをしておくことが必要であり、企業側にばれないように証拠となる資料のコピーを取っておくとよいでしょう。残業代請求に必要な証拠集めについても弁護士などの専門家からアドバイスをもらいながら進めるとよいでしょう。

民事的な請求をする場合には請求する側が証拠をそろえなければならないので時間外労働を行った事実があったとしても証拠がないと請求は難しくなってしまいます。勤務している会社や退職した会社に対して自分が直接交渉をすることもできますが、しっかりと対等に交渉をするためには弁護士などの専門家にサポートしてもらいながら残業代請求をしたほうが法的な知識を使って交渉ができるのできちんと請求をすることができるでしょう。

内容証明郵便などを使って請求する場合も法律の専門家に依頼したほうが確実です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です