残業代請求を弁護士に頼むと法的な知識でサポートする

残業代がきちんと支給されない会社に勤務している人は弁護士に相談して支払ってもらうべき残業代請求をすることが可能です。

弁護士の中には残業代請求を業務として行っている人もいるので慣れている専門家に頼むと企業との交渉もスムーズに行ってもらうことが期待できます。残業代は労働の対価として正当に請求することができる権利ですが、企業も支払わなくてよいように法的な対策を練っていることが考えられるため、法律知識が十分にある弁護士に残業代請求交渉を頼んだほうが確実です。

残業代請求をする際にはしっかりとした残業をした事実を提示することが必要となるので、労働時間がわかるような資料をしっかりと保管しておく必要があります。会社の中にしかそういった資料がないような場合には交渉の際に隠ぺいされてしまう恐れもあるので、タイムカード等をコピーして保管しておく等の対策が必要となります。

残業代請求を進める上では早い段階から弁護士に相談して証拠集めなどの方法のアドバイスをもらっておくとよいでしょう。交渉が滞ってしまい、労働審判等をすることになった場合でも未払い残業代の証拠は非常に重要となってきます。

労働審判や裁判になるとさらに法的な知識や手続きに関しての知識が必要となってくるので弁護士の存在はかなり心強くなります。わからないことや疑問に感じたことなども法的な立場でアドバイスをしてくれるので法律事務所への相談はかなり有効な方法といえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です