残業代請求は弁護士に相談することが得策です

ここ数年で残業代請求について、弁護士に対応を依頼する人が増えています。

その背景には労働者の勤務時間に対する意識が高まったことが挙げられます。従来、日本人は残業代に対する意識が低く、サービス残業をしてでも自分の仕事をやり遂げようとする気質が美徳とされてきましたが、それが行き過ぎると健康被害につながることもあり、大きな課題となっているのが現状です。

そこで、弁護士事務所では無料相談を実施するなどして、正しく残業代請求をしていくことが本来の姿であることを伝えているのです。また、労働者からすれば残業代請求を行いたくとも、個人で会社側に申告することには抵抗がある人が大半でしたが、弁護士事務所が門戸を広げていることで、相談しやすくなったことで開始側に申告することが容易になったことが残業代請求の増加につながった大きな理由です。

さて、実際に手続きを行うためには、これまでの残業時間の記録が必要ですが、正式な書類を用意する必要はありません。メモ程度の記録であっても請求は可能ですから、日々、記録を残しておくといざという時に安心です。

会社は如何なる理由があっても、労働者に対してその対価を支払う必要があります。そのため、職場の管理監督者は労働者一人ひとりの勤務時間を正確に把握する必要があります。

このことを怠って未払い残業をしてしまうと、法律違反になってしまいます。したがって、労働者は残業代に疑義がある場合には、弁護士に相談して早期に対応することが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です