弁護士を通じて残業代請求をしよう

新聞やニュースでサービス残業という言葉を当たり前に目にするようになりました。

サービス残業というのは通常お給料が発生するはずの残業をしてもお金がもらえない状態のことを指します。

本来はしてはいけないことですが、上司から言われて断りきれずにしてしまっている人がたくさんいます。実際、残業代未払いのケースは年々増え続けています。

そんな状態になった時、泣き寝入りをしなければならないのかというとそうではありません。

弁護士を通じて残業代請求をしましょう。残業代請求は弁護士を雇わなくても自分でできます。しかし、資料を作成したり代理人として裁判に出席してもらうことができますし、何よりも成功確率が上がります。

なるべく弁護士を雇ったほうがいいでしょう。多くの方が裁判を起こして戦うと思っていると思いますが、実はそれは最終手段です。

基本的にはまず正確な残業代を計算して内容証明郵便を相手側に送ります。内容証明郵便は相手に郵送したことを確認する方式なので届いていないととぼけることはできません。

これで相手にプレッシャーを与えて出方をうかがいます。動きがなければ次は労働審判を行います。

労働審判は簡易的な裁判みたいなもので、この結果によって強制執行も可能になります。これでもゴネるようであればここで裁判を起こします。通常、ここまで行くケースは少ないですが、複雑な事情をはらんでいる場合はこちらで最終決着をつけます。

これが残業代請求の手順です。弁護士と相談しながらうまく事を運びましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です