弁護士に依頼して残業代請求を行う方法

会社によっては残業代を未払いの状態で放っておくケースが沢山あります。

当然のことながら従業員には残業代請求の権利があります。しかしこの残業代の問題を個人で解決しようとするには、
様々な障害があります。

このために残業代請求を諦めてしまっている方も多いです。

しかし長年にわたって長時間労働を課せられた方にとっては、残業代の請求は労働者の権利として行使するのが重要なことになります。

そこでこの残業代請求を弁護士に依頼するという方法を使うことが、最も最善のやり方であることは間違いないです。しかし弁護士に依頼する前に前もって、用意しなければならない幾つかの知識を持たなければならないです。

先ず第一には残業代請求には時効があるということです。

これは2年間ということが定められています。ですから転職や退職を考えていらっしゃる方も、そうでない方も出来るだけ早く対処することが必要になります。

このために個人で会社側と交渉するよりも弁護士に依頼するという方法のほうが費用が発生しますが、交渉の煩わしさから解放されます。

この弁護士に依頼する場合には労務関係に詳しい人を選ぶことが大切なことになります。

労務関係に詳しいスペシャリストの探し方がわからない方は都道府県の弁護士会や労働組合などに問い合わせれば教えてもらえます。

このように労務関係の専門家に依頼することによって、会社側の対応に変化があらわれ、残業代請求の問題などの解決が早まるケースが多くあります。
残業代請求の弁護士に頼んでみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です