残業代請求は弁護士に相談する

残業代請求は個人でもすることができますが、やはり弁護士に相談をするべきでしょう。

残業代の未払いは労働基準法違反なので労働基準監督署にも相談をすることができます。

労働基準監督署は企業にとっての警察のような存在となるようです。相談にのってくれたり、企業に注意をしてくれたりすることがあるので、労基署に相談をすれば解決をする可能性もあります。

労基署に相談をしたうえで、自分で残業代請求をすることもできます。しかし、金額の計算なども自分でしなければならないので、失敗をしてしまう可能性もあります。

弁護士に相談だけでもしておき、メリットがありそうならばそのまま依頼をしてしまいましょう。

労基署は企業にとっての警察のようなものであるため、違法でなければ動いてはくれません。

残業代の未払いは違法である可能性が高いですが、証拠も必要になります。

あらかじめ証拠を集めておきましょう。タイムカードが証拠として主なものですが、そのほかにもさまざまなものが証拠として使えます。

証拠を集めるためにも、やはり早い段階で弁護士に相談をしておくべきでしょう。残業代請求だけでなく、裁判についても弁護士なら代理人になってしてくれます。

代理人になってもらったら本人は1回も裁判に出席せずに残業代請求が成功するということもあります。残業代の金額が大きい場合には弁護士に依頼をしたほうがメリットが出るでしょう。少額の場合でも相談だけでもしておくことがおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です