不払いの残業代請求は弁護士へ相談を

日本の法律では労働時間はしっかりと定められており、その時間を超えて仕事をした場合、割増した賃金を支払うことは雇用者の義務として決められています。

もしも支払わなかった場合には、
それ相応のペナルティーも企業や雇用者に課されますが、高度経済成長期からの悪しき慣習が残っており、
支払われるべき残業代が支払われず、いわゆるサービス残業として扱われてしまっている例が数多く存在していると考えられます。

この未払い残業代請求は弁護士に依頼すれば支払ってもらえるようになりました。

これは、労働者の労働環境を監督する労働基準監督署の、
賃金や労働時間に関する監督がより以前よりも厳格に行われるようになり、
未払い残業代の問題が明らかになってきたことも影響しています。

残業代請求しなくても、企業に対する労働環境や賃金の是正を労働基準監督署が行えば、企業はそれに従わなければいけません。

もし従わなければそれなりのペナルティーが科されてしまうこともあるためです。このように、労働者の残業代請求に関しては以前よりも弁護士にも相談しやすく、請求しやすい環境が整ってきています。

しかし、そのうえで注意すべき点もあります。未払いの残業代を請求するにはやはり説得力のある、残業したのにその分の賃金が支払われていないという証拠は弁護士にも示す必要があるでしょう。さらに、時効もあります。

未払いの残業代請求には2年の時効があるため、それまでにしっかりした準備をして請求する必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です